『邪馬台(やまと)三国志』を検証してみよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 『邪馬台国三国志』古代史の常識と通説を疑え8〈天之国/倭国/倭奴国の生い立ち〉8

<<   作成日時 : 2014/08/24 07:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


‥‥伊都国王朝→吉野ヶ里の越オロチ族。吉野ヶ里から福岡平野に進出し、糸島平野の怡土に都す。豊葦原中つ国は、出雲に追い払われた。
Bこの三国は、豊葦原水穂国を淀川下流域に封じる一方、奈良盆地に豊秋瑞穂(水穂)国を策封して、副都月の都(唐古)の統治に当たらせた。そうする中で、太子が豊秋水穂国王も兼ねつつ、東方一円を治める国体に移行していた。
豊国も配下の海部家を国東から尾張にごっそり移し替えたり、その分家を丹後に封じるなどして副都の両脇を固め、生まれも育ちも豊国の王を担がせるべく画策してきた。
Cその後の豊葦原中つ国王朝は、天之国本家の抱き込みに成功して、重鎮として迎えるらしい。一方、厳本家は宗像家として宗家に格上げされたものの、実のところは一族郎党と共に宗像や玄海の片田舎に押し込まれた。

Y@前一世紀中頃、吉野ヶ里にあった厳之国一門が糸島平野の怡土(いと)に乗り出してきて、お家騒動に走り回る豊葦原中つ国勢を成敗するや、陰陽五行説絡みの神国づくりや儒教に沿った政を唱え始めた。
その際、大阪湾岸の和泉辺りにあった厳分家は、奈良盆地に乗り込んでいって在地勢ともども暴れまわり、三輪氏や大倭家の蜂起を未然に防ぎきった。その恩賞として、豊秋水穂国に代わって東方鎮護の大役を賜った。この厳分家を和泉厳(水)、大倭のそれを大倭厳(水)と呼んでおこう。この王朝の盟主こそ、「倭人伝」に「伊都国あり。世々王あるも」とある伊都国だった。
【吉野ケ里遺跡】(佐賀県神埼郡)、前四世紀ころ、丘陵に初めて集落が現れた。弥生前期中頃に、吉野ヶ里丘陵の南端近くに四fの環濠集落ができた。それが中期中頃まで続いて埋没した。その後、丘陵裾部に大集落が発展して、丘陵全体を取り囲む環濠が後期前半に完成した。その大きさは二十五fもあって、当時として最大。
その間(中期、前一世紀初頭から七○〜八○年の間)に、万を超す甕棺群や巨大な方形墳丘墓(南北二五b、東西十五b、推定高さ四・五b)が築かれた。この時期に、福岡平野に繰り出すらしい。
そこには、三雲遺跡(前一世紀後半)より古い形の甕棺五基が埋葬されていて、その四基から細形有柄銅剣一・細形銅剣三が出た。
元地主の言によると、昭和二九年に開墾すべく墳丘墓を二bほど削り取ったところ、朱に染まった甕棺が現れ出て、その中に人骨・銅剣・銅矛・多数の管玉・内行花文鏡らしき鏡が垣間見えたという。
【池上遺跡】(大阪府和泉市、泉大津市)、信太山の標高一○bの丘陵上にあった集落で、二重の環濠で守られていた。幅三〜四b、深さ一bの環濠に囲まれた広さは十一万平方bに及び、この時期では最大。弥生前期からの住居跡や方形周溝墓、無数の石器・土器、木製の農耕具などが出た。石器の中には五○本もの石剣があって、その一つは有柄式の石剣片だった。これは朝鮮半島に由来するもので、北九州からしか出ない。
神殿らしき高床式大型建物跡も見つかり、直径七○abのヒノキ柱の基礎二五本が腐らずに残っていた。年輪年代測定法による調査の結果、前五二年に伐採されたと判明した。中期前半〜中頃が最盛期らしく、中期終わり(本書の言う倭奴国王朝の成立前)に衰退に向かった。

A前一世紀後半、この王朝は久方ぶりに漢に向けて使者を送った。その際、漢から内行花文鏡(前漢鏡)など数多授かった上に、伊都国なる誉れ高い国名も賜ったらしい。以後も年毎に、仙人姿の使者がさまざまな貢ぎ物を奉じて、楽浪郡や漢の都をめざした。
『漢書』「地理志」、「楽浪海中に住む東夷(倭人)が百余国の上に立って年毎の貢ぎ物を持ち来たり、漢帝に献見したという」

画像

画像


〈アマゾンkindle〉…最新版に改訂済
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰物語『邪馬台三国志』
倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰(短縮編)  期間限定の540円(定価の4割引)
『邪馬台三国志』上、下

〈パブー〉
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰物語…最新版に改訂済
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰(短縮編)…最新版に改訂済 
 期間限定の540円(定価の4割引)
『邪馬台三国志』全…最新版に改訂済
『邪馬台三国志』を検証してみよう

〈楽天kobo〉
『邪馬台三国志』全…審査中
『邪馬台三国志』〈孫子の兵法極意〉戦わずして勝つ…審査中
『邪馬台三国志』を検証してみよう

 ホームページ『邪馬台三国志』

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『邪馬台国三国志』古代史の常識と通説を疑え8〈天之国/倭国/倭奴国の生い立ち〉8 『邪馬台(やまと)三国志』を検証してみよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる