『邪馬台(やまと)三国志』を検証してみよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 『邪馬台三国志』古代史の常識と通説を疑え55〈忍穂耳・天孫饒速日の降臨〉1

<<   作成日時 : 2014/10/20 06:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

‥‥忍穂耳と天孫饒速日の降臨→最初に忍穂耳、ついで天孫となった饒速日(初代垂仁)が日向から大倭に向けて降臨
@そこで、日神夫妻は倭奴国王朝の再現が直ぐに叶うと見たのか、忍穂耳に大倭降臨を詔した。
「東方の豊葦原の千秋長五百秋(ちあきながいほあき)水穂国と豊葦原水穂国は、実り豊かな国です。吾が児の忍穂耳が天降って治めなさい」
忍穂耳が万幡豊秋津(よろづはたとよあきづ)姫(栲幡千千姫を襲名、思金の妹)を妃に娶って天降り準備を整えたところで、天孫が人目を避ける形で誕生した。
そうとも知らずに、高皇産霊はこの夫婦に火天神の長子(天鹿児山と豊受姫の児)や彦火明(天鹿児山と栲幡千千姫の児)を養子に押し込んできた。忍穂耳はこのやり口に不満を抱いたあまり、日神にこのように奏上した。
「装いを終えて天降りしようとした矢先に、唐突にも二人の天孫(皇孫)に恵まれてしまいました。そうであるなら、天孫のどちらか一方に降臨をお命じください」
結局、忍穂耳に代わって火天神の長子が饒速日と語って天降ることになった。そのことで、日神夫妻は饒速日に先と同じ詔を降すことになった。
「東方の豊葦原の千秋長五百秋水穂国と豊葦原水穂国は、実り豊かな国です。天孫の饒速日がそこに天降って治めなさい」
『古事記』、「天忍穂耳、万幡豊秋津姫に生ませる子、天火明。次に日子火瓊瓊杵なり」
『日本書紀』、「忍穂根尊、高皇産霊尊の子女栲幡千千姫万幡姫命を娶りたまう。而して児天火明(ほあかり)命を生む。次に、天津彦根火瓊瓊杵根尊を生みまつる。其の天火明命の児天香山(かぐやま)は、是尾張連等が遠祖なり。」


〈パブー〉から新発売
『邪馬台三国志』古代史の常識と通説を疑え(B6版298p、1200円)
〈アマゾンkindle〉から新発売 
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰物語(B6版310p、1200円)
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰(短縮編)(B6版201p、期間限定の540円)


〈パブー〉
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰物語…最新版に改訂済
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰(短縮編)…最新版に改訂済 
 期間限定の540円(定価の4割引)
『邪馬台三国志』全…最新版に改訂済
『邪馬台三国志』を検証してみよう

〈アマゾンkindle〉
『邪馬台三国志』上、下

〈楽天kobo〉
『邪馬台三国志』を検証してみよう

 ホームページ『邪馬台三国志』

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『邪馬台三国志』古代史の常識と通説を疑え55〈忍穂耳・天孫饒速日の降臨〉1 『邪馬台(やまと)三国志』を検証してみよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる