『邪馬台(やまと)三国志』を検証してみよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 『邪馬台三国志』古代史の常識と通説を疑え128〈熊野家の祭祀〉

<<   作成日時 : 2015/01/27 07:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

‥‥神倉山の祭祀→熊野家再興を成就し、伊奘諾夫妻と熊野櫛御気野親子を祖霊として祭祀
那智大滝の下で天香語山が火天神、八咫烏が大穴持(天照大神)を祭祀→那智の火祭り
@天香語山と八咫烏らが周辺に潜む熊ら残党を一掃すると、磐余彦は神倉山に再度登って十握剣を捧げ持ち、戦勝報告とともにお礼の言葉を申し述べていた。
「経津主や高皇産霊の霊光によって素戔嗚一門を討ち果たし、さらにオロチ退治の仇まで取ることができました。これより後は、十握剣を高皇産霊御魂として称えるとともに、熊野では伊奘諾夫妻と熊野櫛御気野(豊受皇太神)親子第一の祭祀をとり行います」
ついで、日矛を捧げ持ちながら熊らの背信行為を包み隠すことなく報告した。
「神功は日矛(熊野櫛御気野御魂)の神威に助けられて、戦わずして新羅に勝ちました。一方、熊らは日矛と十握剣に刃向かっただけでなく、日神夫妻に数々の不義を重ねました。よって、私と神功は熊どもから日矛も所領も召し上げます。ここに日隈・日前を再興するにあたって、日前鏡・日矛を共に揃えて秋月名草宮に奉りますと誓った次第です」
☆かつて神倉山山頂に鎮座した熊野速玉大社(新宮)は、天照大神を祀っていたという。
【日前神宮の古記録】、「日矛・日前鏡の神宝は神武東征の折、再び天道根に託された。神武軍が難波に到った際、天道根はこの神宝を奉って紀伊秋月に馳せ参じ、日前・国懸の神として祀った」
A磐余彦は神倉山上での儀式を終えると、天香語山と八咫烏らを呼びつけて命じた。
「熊野における勝因は、一に大穴持化身の那智大滝が熊野到着を教えてくれたことにある。今一つは八咫烏らが信義を守り、天香語山ともども味方してくれたからだ。
私はこの感謝の気持を世々伝えたいと念じて、この滝の許で大穴持(天照大神)を飛竜権現として祀ることに決めた。天香語山は尾張海部家に婿入りして天鹿児山を襲名した故、私に代わって天鹿児山の祭祀を取り計らうように。八咫烏らは熊野櫛御気野を慕うがごとくに、大穴持(天照大神)をもり立てるがよい。
八咫烏の栄誉を称える役目は、この私が勤めるとしよう。それには、三本足烏をあしらった誓紙に約束ごとをしたため、八咫烏を介して熊野櫛御気野(豊受皇太神)や日神に上奏したとするのが一番だ。こうしておけば、この国の民は信義や約束ごとを重んじた八咫烏を世々賞賛して、互いに信じ合う心を身につけることだろう」

〈パブー〉から発売‥‥お勧めです。
『邪馬台三国志』全…最新版に改訂済
『邪馬台三国志』を検証してみよう
『邪馬台三国志』古代史の常識と通説を疑え(B6版298p、1200円)‥‥二月下旬に改訂。
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰物語…最新版に改訂済
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰(短縮編) 期間限定の540円(定価の4割引)
…最新版に改訂済 

〈アマゾンkindle〉から発売 
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰物語(B6版310p、1200円)
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰(短縮編)(B6版201p、期間限定の540円)
『邪馬台三国志』上、下

〈楽天kobo〉
『邪馬台三国志』を検証してみよう

 ホームページ『邪馬台三国志』

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『邪馬台三国志』古代史の常識と通説を疑え128〈熊野家の祭祀〉 『邪馬台(やまと)三国志』を検証してみよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる