『邪馬台(やまと)三国志』を検証してみよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 『邪馬台三国志』古代史の常識と通説を疑え131〈日本に迫る〉

<<   作成日時 : 2015/01/30 07:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Eそれというのも、これまで高皇産霊の霊光を期待して戦ってきたが、厳(水)一門に対しては効き目が今一つだったからだ。そもそも高皇産霊と語るには、初代の高皇産霊が豊葦原中つ国王朝に担ぎ出された際の儀礼を踏襲しておくのが古来の決まりだった。
その手間を省いたことで霊光がないと悟った彼は、今度こそ高皇産霊に成り代わって兵法極意の下で日本を倒し、然る後に郊祭して日神夫妻を皇祖皇宗としてお祀りしたいと強く念じていた。そのため、決戦を目前にしながら、ここまで足を運んできたのだ。
そのお告げがあったのか、彼は一計をを授かったとして臣下らに命じた。
「敵に近づき、この十握剣で天照大神を丁重に祀っておれ。その後は、食事をふるまうと言って討ちとってしまえ」
そこで、臣下たちは翁の姿に身をやつして敵地に忍び入って触れ回った。
「天照大神が丹生川源流の霊場に垂迹してお告げになるには、『今宵、天神の御子が皆の労苦をねぎらうため、そちらに向かっている』とのことだった。前祝いがてら、天照大神の御霊(十握剣)の前でご馳走をたんと召し上がっていただけるよう、かような支度を整えて参った次第です」
と言って盛りだくさんのご馳走でもてなしながら、その最中に一斉に斬りかかった。
ついで東征軍は、奈良盆地口の忍坂に陣取り、雲師とも土雲とも語る磯城や葛城の頭目・八十梟を討ち取った。兵士らは敵を叩きのめしたことで有頂天になった。磐余彦はこれを見るなり、
「良将は、戦いに勝ってもおごることはない。今、敵の主力を滅ぼしたが、その仲間は多い。同じ所にいて、難に遭うまい」と言って、別の所に移った。
F同じ頃、日矛をかざした神功軍が武甕雷軍・騎馬軍団ともども名草浜の宮や秋月に殺到して、熊らを四方に追っ払った。日前鏡に続いて日矛が秋月で祭祀されたのは、以後のことになる。
☆日前・国懸(くにかかす)両宮とも伊勢神宮と同じく、位階を受けない特別の神宮として扱われてきた。だとすると、両宮が日前鏡と日矛を奉祭する真意は、こうだと思われる。
「熊野櫛御気野(豊受皇太神)を祖とする日隈・日前を秋月名草宮で再興した」
「日前鏡と日矛は、それぞれ日神の天照大御神、熊野櫛御毛野の分霊でもある」
ところが現在の日前・国懸神宮は、日神を祀るとも天照大神を祀るとも言われるが、今一つ釈然としない。さらに言うなら、内宮の主神も日神とも天照皇太神とも天照大神ともされていて、いずれが正しいのか定かでない。外宮も豊受皇太神を祀るのか、豊受大神を祀るのか、それとも豊受姫を祀るのか明確でない。天照大神を祀るという言さえある。
所詮、どの神名も日神と高皇産霊の別名だから、同じだと考える向きもあろう。だが、この考え方は正しくない。和国と邪馬台国が神名をきっちり使い分けている以上、それに従わねばならぬ。では、本来の祭神名はどうであるのか。なぜ、祭神名が曖昧になったのか。その答えは、この物語を通して見えてくるはずだ。

〈パブー〉から発売‥‥お勧めです。
『邪馬台三国志』全…最新版に改訂済
『邪馬台三国志』を検証してみよう
『邪馬台三国志』古代史の常識と通説を疑え(B6版298p、1200円)‥‥二月下旬に改訂。
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰物語…最新版に改訂済
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰(短縮編) 期間限定の540円(定価の4割引)
…最新版に改訂済 

〈アマゾンkindle〉から発売 
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰物語(B6版310p、1200円)
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰(短縮編)(B6版201p、期間限定の540円)
『邪馬台三国志』上、下

〈楽天kobo〉
『邪馬台三国志』を検証してみよう

 ホームページ『邪馬台三国志』

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『邪馬台三国志』古代史の常識と通説を疑え131〈日本に迫る〉 『邪馬台(やまと)三国志』を検証してみよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる