『邪馬台(やまと)三国志』を検証してみよう

アクセスカウンタ

zoom RSS 『邪馬台国三国志』古代史の常識と通説を疑え10〈水穂(瑞穂)国〉

<<   作成日時 : 2014/08/26 06:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

‥‥水穂(瑞穂)国→水神族が火神の王を担ぐ国〓水火(みづほ)の国
天(厳)は、天之国が厳之国を抱き込んだ国だ。前者は日の神を祀って鉄器づくりに精通する太伯子孫が呉や楚の水神族を取り込んだ国だ。ここに言う厳之国は、炎帝(神農)の教えを守って青銅器づくり・弓矢の術に長ける楚の火神族が、越や楚のオロチ族・長江流域のワニ族ら水神族と一体になった国だった。かつての厳之国王朝が装いを新たにしたと思えばわかりやすい。
これら天(厳)を支える家長の中には、自身の名に天の字を冠して天照神と名のる者もいた。時には、天(水)や厳(水)が海(あめ)とも海部(あまべ)とも語って海の民だと強調した。
厳之国でも、火神を称える厳(火)が火(ほ)と穂(ほ)の字を独占して、青銅器づくりの魁、水田稲作の立役者、神代以来のオロチ族・ワニ族の統率者として振舞ってきた。その国のかたちは、水神が火神を担ぐ国、つまり水火(みずほ、水穂、瑞穂)国の意であって、国の目指すところも「水田稲作に勤しむ国」だった。

〈アマゾンkindle〉…最新版に改訂済
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰物語『邪馬台三国志』
倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰(短縮編)  期間限定の540円(定価の4割引)
『邪馬台三国志』上、下

〈パブー〉
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰物語…最新版に改訂済
『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰(短縮編)…最新版に改訂済 
 期間限定の540円(定価の4割引)
『邪馬台三国志』全…最新版に改訂済
『邪馬台三国志』を検証してみよう

〈楽天kobo〉
『邪馬台三国志』全…審査中
『邪馬台三国志』〈孫子の兵法極意〉戦わずして勝つ…審査中
『邪馬台三国志』を検証してみよう

 ホームページ『邪馬台三国志』

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『邪馬台国三国志』古代史の常識と通説を疑え10〈水穂(瑞穂)国〉 『邪馬台(やまと)三国志』を検証してみよう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる